個人事業主が審査に通りやすいビジネスローンを選ぶには

通常のカードローンは事業目的の利用ができない

自営業者は法人にならずに営業をしているので、金融機関の個人向けのカードローンを利用できるのではと勘違いしやすいです。事業用には認められていないので、仕事に使うにはビジネスローンに申し込んで資金調達をしなくてはいけません。銀行のローンや公的融資を受けると、低金利で借入できるので魅力的に見えますが、規模も小さく経営基盤が安定していない自営業者では借入ができる可能性が低いです。金利が低いと言うことは、確実に返済ができると認められる会社にしか貸付をしない傾向にあります。自営業者が事業融資の審査に通りやすいローンを選ぶにはどちらに依頼するべきでしょうか。

消費者金融の自営業者向けカードローン

大手の消費者金融では、個人事業主用のカードローンのサービスをしている所もあり、即日での借入も可能になる場合があります。最低でも起業して1年経っていて、確定申告を1回でもして利益が出ていれば審査に通りやすいです。ただ、クレジットや奨学金等の支払いで延滞や未納等のトラブルを起こして時期が経たない場合は、落ちる可能性が高くなるので注意してください。カードローンの場合は事業用と個人用の区別なく使えることがあり、おおむね300万円くらいまでの借入限度額が認められています。限度額は低めですが、両方の目的で使えるメリットがあります。また、限度額以内であれば必要に応じて追加の融資を受けることもできるので、後から費用の追加が必要な場合にも対処できるでしょう。本人確認以外の書類以外に青色申告や白色申告の直近一期分の確定申告書と決算書や内訳書は必須となります。その他に、事業を確実にしている証明となる書類のコピーを提出をしなくてはいけません。領収証や請求書等の他社と取引していていることが分かる書類や税務署に届け出をしている開業届が証明できる書類に当たります。

中小の貸金業者のビジネスローンを利用する場合

大手消費者金融では、法人でも自営業者でも利用可能な事業融資を用意している場合があります。しかし、中小の貸金業の場合は自営業向けに特化したビジネスローンを提供している場合があり、大手よりも通りやすいことが考えられます。確定申告書や事業を証明する書類以外にも仕事の状況や事業内容を説明する概況書や、収支計画や資金調達の計画を作成する必要もあるため、書事業者専用のカードローンに比べて提出する書類が多くなります。確定申告の書類も最低でも2期分を提出しなくてはいけない場合があります。ビジネスローンの方が書類が多いので面倒に感じたり、審査基準が高いのではないかと危惧されるかもしれません。中小の貸金業の場合は、大手と違ってスコアリングシステムを取らずに、専任の担当者が細かく書類を確認して貸付が可能か判断することがあります。書類を丹念に確認し、見込みがあれば柔軟に応じてもらえる可能性もあるので、選択しに入れるといいでしょう。